良薬
2018.08.10
日本大学医学部附属板橋病院+看護助手

良薬

良薬

病棟で勤務していると高齢者の方の移送をすることが多くあります。

検査等を待っている間、80歳前後の患者さんと話をする機会がありました。
その時に「もう生きているのに疲れた…」とおっしゃったのです。
私はそういった患者さんに、決まって言う言葉があります。
「人生って何が起こるかわからないものですよ。
これから元気になって100歳以上、長生きするかもしれません。
ご長寿を紹介するテレビ番組に出た際にはあなたは有名人ですね。忙しくて大変になりますねー」
と笑いながら言うと、大抵の方は笑い返してくれたり、微笑んでくれます。
どんなに落ち込んでいる患者さんでも笑顔が一番の良薬だと思います。

患者さんの笑顔は、私をとても嬉しくさせてくれます。
笑顔は、伝染します。
だから、いつも笑顔でいるのです。

NAKADA
Takahisa Nakada
ナプリ人材本部 ナプリプラス人材部

東亜大学デザイン学部デザイン学科卒業。印刷会社にてデザイン関連、POP製作を経てシンカナースにて看護助手業務(外来助手、病棟助手)に従事。

好きなこと:サッカー、ひたすら寝る

NAKADA's OTHER EPISODE
この病院にエントリーする