2018.09.21

一人一人が職人

一人一人が職人

クラーク業務は基本的に一人で行動することが多いので
ひとりぼっちだなと思うことがあるかも知れません。

一人だからこそプロフェッショナルとして
その業務をしっかりこなしていくことが大切なのです。

チームといっても一人一人役割があります。
その役割を皆がしっかりと全うして初めてチームとして動き始めます。

例えば、書類をスキャンするという業務ですと
迅速に行うことによって、医師や看護師もスムーズに自分達の役割を果たすことができるようになるのです。

自分がする仕事も、自分に回ってきた仕事も
忙しくなるから嫌なのではなく、まずはそれを全うする
そのことでチーム力が上がり
同じ部署で働いている仲間として団結力や信頼感が増幅していきます。

互いを信頼し合い感謝できるような職場になれば本当に楽しく仕事ができます。
そんな職場づくりが出来るように
まずは自分の業務を全うするということが大切だと私は信じています。

ARAKI
Fumiya Araki
営業部 営業2課 課長

東洋大学文学部日本文学文化学科を中退。フードデリバリー会社にて営業を経てシンカナースにて看護助手業務(病棟クラーク、外来助手、病棟助手など)に従事。介護職員初任者研修を所持

好きなこと:映画鑑賞(Back to the Future)、音楽鑑賞(B’z)、カメラ、飲み会の参加

ARAKI's OTHER EPISODE