2018.11.02

当たり前のありがたさ

当たり前のありがたさ

日々たくさんの患者さんとお会いし、接したり会話をする中で、当たり前のことのありがたさに気づかせてもらうことがあります。
例えば、足が悪くて歩けない患者さんと接すると、歩けないことによって不便さを感じ、健康な時には思いもしなかった事が起きているため、歩けていた頃の喜びをとても痛感していると時々うかがいます。
良くなって、歩けるようになると再び当たり前だった「歩く」という行為に感動を感じることではないでしょうか。
日々の幸せを改めて実感することに携わったスタッフの一員として、とても感謝されることもあります。
改めて感動を与える仕事ではないかと感じました。

NAKADA
Takahisa Nakada
営業部 営業3課 課長

東亜大学デザイン学部デザイン学科卒業。印刷会社にてデザイン関連、POP製作を経てシンカナースにて看護助手業務(外来助手、病棟助手)に従事。

好きなこと:サッカー、ひたすら寝る

NAKADA's OTHER EPISODE