助手ノートで情報共有をしよう!
2018.11.30
昭和大学附属烏山病院+看護助手

助手ノートで情報共有をしよう!

助手ノートで情報共有をしよう!

情報共有って簡単なようで意外と難しいですよね。
全員に伝えたと思っていたのに実は一人だけ伝え忘れてた!なんてこともあるかと思います。
そんな事故を防ぐために烏山病院では助手ノートというものを使用しています。

このノートには小さなことから大きなことまで、とにかく他の助手に伝えておきたいことがあれば記載されています。
例えば
「Aさんが当面食事中止になりました。」
だったり
「Bさん歩行時にふらつきがあるため、付き添って歩いてください。」
などなど、日に日に情報が記載されていくのです。

このノートを出勤前に読むことによって、例えば昨日自分が休みだったとしても昨日あったさまざまな情報を手にすることだってできるのです。

こういった助手ノートを使用している病院は多くあります。
円滑な情報共有をするためにも非常に日々役に立っています。

SOGA
Eikichi Soga
ナプリ人材本部 ナプリプラス人材部

高千穂大学経営学部経営学科卒業。シンカナースにて看護助手業務(病棟クラーク、外来助手、病棟助手)に従事。介護職員初任者研修を所持

好きなこと:ゲーム(スマホゲーム、TVゲーム等)、お酒(ビール)

SOGA's OTHER EPISODE
この病院にエントリーする