2019.01.18

感染ごみや針などの分別

感染ごみや針などの分別

環境整備で出た感染性のゴミや、使用済の薬剤の容器
注射に使ったシリンジや針は感染性廃棄物として扱われます。

病院にはこういったものを捨てるための専用のゴミ箱があります。
針やガラスなどの刺さったりする可能性のあるものは、プラスチック製の丈夫なゴミ箱へ。

他の感染性のあるものなどは専用の段ボール箱にビニール袋をかけて使用するゴミ箱です。
こちらのゴミ箱はいっぱいになったら袋ははみ出したりしないよう袋口をふさいで段ボール内に入れ、段ボールはしっかりガムテープで封をします。

針などが別のゴミ箱になってるのは燃える燃えないの分別ではなく手などに刺さらないようにするため丈夫なゴミ箱に入れることになっています。

安全のためにも分別は重要なことですね。

KOIZUMI
Shunichi Koizumi
営業部 営業1課 課長

国士舘大学工学部機械工学科卒業。ソフトウェア会社SE、コンビニエンスストア副店長を経て シンカナースにて看護助手業務(外来助手、病棟助手)に従事。

好きなこと:音楽鑑賞、ゲーム

KOIZUMI's OTHER EPISODE