家族
2019.06.07
日本大学医学部附属板橋病院+看護助手

家族

家族

病院に長らく入院されている患者さんとは自分が勤務している際には、顔を合わす機会が多いです。
例えば配膳時、移送時、体を拭くバケツを配ったりする時です。
その際、必然的に会話や接することが多くなり、親しみを持ち仲良くなりますし、気にかけてくださる患者さんもいらっしゃいます。
勤務の際には顔を合わせることが多いので、なんだか家族のような存在になり心地よいです。


				
NAKADA
Takahisa Nakada
ナプリ人材本部 ナプリプラス人材部

東亜大学デザイン学部デザイン学科卒業。印刷会社にてデザイン関連、POP製作を経てシンカナースにて看護助手業務(外来助手、病棟助手)に従事。

好きなこと:サッカー、ひたすら寝る

NAKADA's OTHER EPISODE
この病院にエントリーする