ちょっとした気付き
2019.07.12
日本大学医学部附属板橋病院+病棟クラーク

ちょっとした気付き

ちょっとした気付き

みなさん、お疲れ様です!

病棟クラークでも病棟の助手でも病院で働いていることには変わりはなくちょっとした気付きで患者さんも気持ちよく入院できると思います。

クラーク業務をしている中で時々行うのですが、患者さんに書類をお返しに病室を訪れた際、食べ終わったお盆が置きっぱなしだったり、空になったお茶のコップが置いてあることが時々あります。

そんな時私は患者さんに一声かけて片付けを行います。
ただそれだけのことを行うだけですが、患者さんにはとても感謝されます。

自分の仕事ももちろん大切ですが、小さい気付きで患者さんが笑顔になる。
そういったことも病院で働く場合、大切になってくると思います。

今週もみんなで頑張りましょう!!

ARAKI
Fumiya Araki
ナプリ人材本部 ナプリプラス人材部 部長

東洋大学文学部日本文学文化学科を中退。フードデリバリー会社にて営業を経てシンカナースにて看護助手業務(病棟クラーク、外来助手、病棟助手など)に従事。介護職員初任者研修を所持

好きなこと:映画鑑賞(バック・トゥ・ザ・フューチャー)、音楽鑑賞(B’z)、カメラ、飲み会の参加

ARAKI's OTHER EPISODE
この病院にエントリーする